動物病院が運営しているペット用通販サイト

5,500円以上の購入で送料無料
 

トップ > フード > 猫用 > 【猫用】 肝臓サポート ドライ 療法食
食事 > フード > 猫用 > 【猫用】 肝臓サポート ドライ 療法食
フード > 猫用 > 食事療法食 > 肝臓ケア > 【猫用】 肝臓サポート ドライ 療法食
フード > 猫用 > 食事療法食 > ロイヤルカナン > 【猫用】 肝臓サポート ドライ 療法食

【猫用】 肝臓サポート ドライ 療法食

肝疾患の猫のために


猫用 肝臓サポートは、肝疾患や胆管疾患の猫に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です。
この食事は、とくに消化性の高いタンパク質を使用して含有量を調整し、また銅の含有量を制限し、充分なカロリーを摂取できるようにカロリー密度を高めています。

定期購入はこちら

商品コード : 0208
製造元 : 共立製薬
価格 : 円(税込)
数量
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
内容量

選択
500g
2kg×売り切れ

かごに入れる すぐに購入
商品説明
ロイヤルカナン 療法食 猫用  肝臓サポート イメージ
■高エネルギー

少ない食事量でも必要なエネルギーを摂取できるよう高エネルギー(4107kcal/kg)に調整しています。※標準的な自社成猫用フードと比較し、約6%増

■高嗜好性

肝疾患の猫の食欲低下に配慮し、高嗜好性に設計しています。

■銅制限

肝細胞内の銅蓄積に配慮し、銅含有量を5mg/kgに制限しています。※標準的な自社成猫用フードと比較し、約70%減

■抗活性酸素物質カクテル

健康を維持するために、複数の抗活性酸素物質(ビタミンE、ビタミンC、タウリン、ルテイン)を配合しています。

■この食事療法食の対象

■胆管炎/胆汁うっ滞/三臓器炎
※猫の肝炎・胆管炎では、胆汁中に排泄される銅を触媒としてフリーラジカルが発生しやすくなり、このフリーラジカルが胆管に炎症を起こす原因のひとつと考えられます。 そのため銅の摂取量を制限するとともに、抗活性酸素物質を充分に摂取することが推奨されます。

■門脈シャント
※門脈圧亢進による腹水や体液貯留に配慮し、ナトリウム含有量を0.3%に調整しています。

■高アンモニア血症および肝性脳症
※アンモニアなどの窒素性老廃物に配慮し、分岐鎖アミノ酸(BCAA)を含む高消化性の植物性タンパクを使用するとともに、適切な含有量に調整しています。また、発酵性食物繊維が腸内細菌に利用されて生成される短鎖脂肪酸は腸内pHを低下させるため、アンモニアの吸収減少が期待できます。

■銅蓄積性肝疾患
※胆汁うっ滞による肝細胞内および間質への銅蓄積に配慮し、銅の含有量を制限しています。

※継続して使用する場合も定期的な診察を奨励しています。

■使用が推奨されない病態等

■妊娠/授乳期、成長期
※タンパク質、リン、銅などが不足するため推奨されません。

■高脂血症
※高脂肪食は推奨されません。

■ 肝リピドーシス(肝性脳症を併発していない場合)
※肝性脳症を併発していない肝リピドーシスでは、高タンパクの食事が推奨されますので、タンパク質含有量を抑えた本製品は推奨されません。ただし、肝性脳症を併発している場合は、タンパク質の制限が推奨されますので本製品をご使用ください。

■原材料

米、動物性油脂、コーン、超高消化性小麦タンパク(消化率99%)、超高消化性豚タンパク(消化率95%)、コーングルテン、植物性繊維、加水分解動物性タンパク、チコリー、魚油、 大豆油、フラクトオリゴ糖、酵母エキス(マンノオリゴ糖含有)、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(DL-メチオニン、L-アルギニン、L-リジン、タウリン、L-カルニチン)、 ミネラル類(K、Ca、Cl、P、Zn、Fe、Mn、I、Se)、ビタミン類(コリン、E、C、ナイアシン、B2、パントテン酸カルシウム、B1、B6、A、葉酸、ビオチン、B12、D3、K3)、酸化防止剤(BHA、 没食子酸プロピル)

■成分

タンパク質 25.3 g
脂肪 21.4 g
食物繊維 10.7 g
灰分 6.7 g
水分 5.4 g
炭水化物 33.7 g
カルシウム 0.6 g
カリウム 0.78 g
リン 0.57 g
マグネシウム 0.05 g
24.1 mg
0.49 mg
亜鉛 24.4 mg
ナトリウム 0.29 g
EPA+DHA 341 mg
L-カルニチン 29.2 mg
タウリン 0.20 g
アルギニン 1.64 g
ビタミンE 58.4 mg
ビタミンC 19.5 mg
ビタミンB群 29.56 mg

■エネルギー

411 kcal/100g

■内容量

500g入り/2kg入り

商品カテゴリー